""
リトグラフ・ポスター、リトグラフ、シルクスクリーン・ポスター
 TOPPAGE > ARTISTS R_S_T> アントニ・タピエス (ANTONI TAPIES)
アントニ タピエス (ANTONI TAPIES
生誕没年: 1923〜
画暦: バルセロナに生まれる。バルセロナ大学で法律を学んでいたが、その後アカデミア・バイスで素描を学ぶ。初期の頃にはシュルレアリスムの影響が顕著な作品を残しているが、1950年にはフランス政府給付留学生としてフランスに滞在し、アンフォルメル芸術を知る。1950年代後半になると、タピエスは自らの芸術をマテリアリズム(物質主義)と呼ぶようになり、フォルムよりも物質が優先する独自のスタイルが確立する。作品においては、壁、土、麻布、藁、靴下などのような「もの」が主役を演じ、イメージの即物性が強調されている。また、後になると手形や足跡といった「もの」の「痕跡」も作品に登場。

thumbnail image thumbnail image thumbnail image thumbnail image
カタラ 500アニス
(500 ANYS DEL LIVRE CATALA)
SIMPOSI
(SIMPOSI)
1/2X2+=
(1/2X2+=)
500アニス
thumbnail image thumbnail image thumbnail image thumbnail image
ACC1 ギヤラリーレロン スカルプチャー ミロ財団
thumbnail image thumbnail image thumbnail image thumbnail image
SALVEM EL MONTS
37世界会議
TORTSA
バルセロナニューヨーク
thumbnail image thumbnail image thumbnail image thumbnail image
アムネスティア76
タピエス 1967
カタランの詩
モノタイプ
"" "" "" ""