""
リトグラフ・ポスター、リトグラフ、シルクスクリーン・ポスター
 TOPPAGE > ARTISTS M N > エドゥアール・マネ(EDOUARD MANET)
エドゥアール マネ(EDOUARD MANET)
生誕没年: 1832〜1883
画暦: パリ、ボナパルト街で生れる。父親は判事。母親は外交官の娘。典型的なブルジョワ上流階級の出身。17歳で船員となったが、志しを改め歴史画のクチュールに師事するが反発。人生の真実に眼を向け明暗の対比を明確に描く新しいスタイルを創造。1863年、サロン落選作「草上の昼食」が風俗上の物議をかもしだされる。1865年、「オランピア」の絵画手法が非難されるが、ピサロ、モネ、シスレー、ルノアール、セザンヌ、ドガ等の青年画家が集まった。写実主義と印象主義の仲介の役を果たし、版画に力を入れる。66種類の銅版画、25種類のリト、10種類の木版画を制作。

thumbnail image thumbnail image thumbnail image thumbnail image
オランジュリー美術館
(MUSEE DE L'ORANGERIE)
カンティーニ美術館
(MUSEE CANTINI)
少年 シャルペンティエ56 猫と花
"" "" "" ""